DIARY:夕焼け少年漂流記

古い10件 | 新しい10件

 

2022.01.11

月刊「美楽」2022年2月号 発刊しました!

 初春の候、新春のお喜びを申し上げます。
 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。

 超高齢化社会という背景もありますが、日本は世界の中で認知症患者の割合が極めて多い国だということを知っていますか。経済協力開発機構(OECD)に加盟している先進国35カ国の中で、日本の人口における認知症患者の割合はトップで、今後も、日本での認知症有病率は上昇していくことが予想されています。
 ご存知の通り、認知症を「治す薬」はまだ登場していません。現在使われているのは、進行を遅らせる薬であり、それも効果があるのは限られた時間。認知症を回避したければ、発症リスクを下げられると言われていることを徹底的に行うしかないようです。その中で、認知症対策として注目されているのが「食事」。
 何を知っておくべきか?国立長寿医療研究センターもの忘れセンター副センター長の佐治直樹医師にお話を伺いました。

 新年号では、新しい広告を掲載しております。
 TRVA動物医療センター(P20)
 新しい著者は、
 中村篤史さん(獣医・TRVA夜間救急動物医療センター 院長)
 車 浮代さん(江戸料理文化研究所 代表/時代小説家)

 皆さまにとって、本年が幸多き年でありますように、祈念申し上げます。




2021.11.19

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」年末・年始号が発刊しました!

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」年末・年始号が発刊しました。

全国のカーコンビニ倶楽部等でお手に取ることが出来ます。

車の情報や新しいキャンペーン内容のご紹介など
読み応えのある一冊となっています。

是非お楽しみください!




2021.11.10

月刊「美楽」2021年12月号 発刊しました!

 コロナ太りが問題視されていますが、皆さんはいかがでしょうか。コロナ太りだけでなく、活動量の減少による体力低下も問題となっています。そこで、今回は効率の良い運動方法について特集をいたしました。
 今までは、最大酸素摂取量は、低い強度の運動を長時間行うことで増加すると考えられていましたが、近年では高強度トレーニングが効果的だということがわかりました。
 ご存じの方もいると思いますが、欧米のアスリートの間では知らない人がいないほど有名なトレーニング法「タバタトレーニング」。必要な時間はたったの4分間。
 タバタトレーニングの科学的メカニズムを証明した立命館大学スポーツ健康科学部田畑泉教授に話をお聞きしました。

今号では、新しい広告を掲載しております。
国税庁:税を考える週間(P8)
ベイビーフローラ(P50)
新しい著者は、楓ゆきさん(元宝塚歌劇団月組 95期生)
併せてご覧いただけますと幸いです。





2021.10.11

月刊「美楽」2021年11月号 発刊しました!

 緊急事態宣言も解除され、新型コロナウイルスの新規感染者はかなりのスピードで減ってきています。このまま感染拡大が止まり、終息に向かえばいいのですが、ワクチン接種が進んでいる欧米諸国を見ても、なかなかそうはいかないように感じます。現在は自宅療養者が減少傾向にありますが、第6波がきたら、どうなるか分かりません。

「備えあれば憂いなし」ではないですが、自分が、あるいは家族がコロナに感染し、自宅療養をしなければならない場合の対策を、今一度確認してみませんか。

 自宅療養の方法について、国際医療福祉大学熱海病院検査科部長の〆谷直人先生にお話を伺いました。

 今号では、新しい広告を掲載しております。
 ながせデンタルクリニック様(P42)
 株式会社ブラン様(P74)
 併せてご覧いただけますと幸いです。





2021.09.21

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」10・11月号が発刊しました!

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」10・11月号が発刊しました。

全国のカーコンビニ倶楽部等でお手に取ることが出来ます。

車の情報や新しいキャンペーン内容のご紹介など
読み応えのある一冊となっています。

是非お楽しみください!




2021.09.10

月刊「美楽」2021年10月号 発刊しました!

 日本では、ワクチン接種をした人の割合が50%を超えてきました。
 接種経験者が増えるのに従って、より聞こえてくるようになったのが、ワクチン接種後の副反応の様子です。「腕が痛くて上がらなくなった」「翌日どころか翌々日も仕事に ならなかった」「熱が出てつらかった」「頭痛がひどくて起き上がれなかった」など、さまざまな副反応の報告が上がっています。

 実際のワクチン接種後の副反応はどういうものなのか?対応はどうすればいいのか?健康被害が起こった時はどうすればいいのか?知っておくべき正しい情報を、東京都あきるの市でワクチン接種を行っている「米山医院」院長の米山公啓先生に話を聞ききました。

 今号では、新しい広告を様々なクリエイターにご協力をいただき、掲載しております。
 株式会社ゴンドラ様(P32)の広告は、二宮未央さん、
 タイムワールド様(P36)の広告は、藤井緑さん
 マイファーム様(P66)の広告は、大里梨緒さん、
 併せてご覧いただけますと幸いです。
 近く台風の被害に見舞われませんよう、皆様の安全を心から祈っております。





2021.08.10

月刊「美楽」2021年9月号 発刊しました!

 コロナウイルスが猛威を振るう中、感染後の後遺症で苦しむ方も多くなってきました。後遺症については、症状も多岐にわたっておりますが、その中でも強い倦怠感が継続している方が多いそうです。

 今回ご紹介するのは、コロナの後遺症の一つである慢性疲労症候群に対して成果を出している頸部への局所物理療法。この治療法を開発し、実施している松井病院、東京脳神経センター(TNC) 理事長の松井孝嘉医師へ話を伺いました。

 夏の疲れも出てくる頃です。ご無理などなさいませぬよう、ご自愛ください。




2021.07.20

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」8・9月号が発刊しました!

カーコンビニ倶楽部が発刊する月刊「愛車人」8・9月号が発刊しました。

全国のカーコンビニ倶楽部等でお手に取ることが出来ます。

車の情報や新しいキャンペーン内容のご紹介など
読み応えのある一冊となっています。

是非お楽しみください!




2021.07.12

月刊「美楽」2021年8月号 発刊しました!

 新型コロナウイルスの感染状況が拡大し、東京には4回目の「緊急事態宣言」が発令されました。酷暑の中、マスク生活もまだまだ続きそうです。

 この長時間のマスク着けっぱなしによって、肌荒れや耳の痛みを訴える声が、数多く上がっていました。そして長期化する現在、深刻な悩みとして急増しているのは、マスクの着けっぱなしによる頭痛です。

 マスクを外しての生活がしばらくは不可能な中で、マスクの長時間使用による頭痛にどう対策を講じればいいのか? そもそもなぜマスクによって頭痛が生じやすくなるのか? 弊誌でもご執筆をいただいている頭痛治療の第一人者、清水俊彦医師(東京女子医科大学脳神経外科頭痛外来 客員教授・汐留シティセンターセントラルクリニック頭痛外来担当)に話をお伺いしました。

 人のいない場所では出来るだけマスクを外し、暑い暑い夏を乗り切りましょう。





2021.06.10

月刊「美楽」2021年7月号 発刊しました!

 走り梅雨のぐずついた天候から、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じます。
 今回の医療特集は、新型コロナウイルスの後遺症の第二弾です。コロナに感染、回復後に、筋痛性脳脊髄炎(ME)/慢性疲労症候群(CFS)に似た症状を訴える人が多いとして注目を集めています。ME/CFSとは、半年以上にわたって強い疲労感が続き、日常生活を送るのが困難になる病気です。まだまだ後遺症に関しては、未知の部分が多いですが、今回は、治療・研究の第一人者である国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長の山村隆医師にお話をお伺いしました。
 長雨の季節ですので、お体には十分お気をつけください。

古い10件 | 新しい10件